さくらんぼ狩り山梨 清樹園 さくらんぼ画像

美味しいさくらんぼ作り。
すべてのお客様にご満足いただくために。

美味しいさくらんぼの食べ頃の時期と品種毎の特徴をご紹介

さくらんぼは時期により3つに分けられる

山梨において、さくらんぼは、その年の気候などにもよりますが、6月初旬から6月下旬までの約一カ月が収穫となります。

たった一か月の間ですが、さくらんぼはその品種により、早い時期に収穫できる早生種、その次となる中生種、最後に収穫となる晩生種に分けることができます。

当園においては、早生種、中生種および晩生種それぞれ栽培しております。
・早生種としては、紅さやか、みよし、小夏、花駒、香夏錦、昌のよそおい、高砂の7種類。
・中生種としては、佐藤錦、選抜佐藤錦、金印佐藤錦、3L佐藤錦の4種類。
・晩生種としては、紅秀峰、絢のひとみ、黒砂糖錦の3種類。

中でも、木の本数が最も多いのは、佐藤錦です。そして高砂と紅秀峰。その他の品種については、数本といったところです。時期が異なりますので、全部を食べることはできないと思います。

早生種、中生種、晩生種の主な特徴について

品種にもよりますので、一概には言えないと思いますが、実の大きさは 早生種<中生種<晩生種 ということが一般的に言えるかと思います。

また、実の硬さは晩生種の方が、早生種や中生種より硬いと思います。このため、収穫後の日持ちは晩生種の方が良いです。

ところで、味はと言いますと、早生種、中生種そして晩生種のそれぞれの品種自体によりますので、一概に言えません。

さくらんぼの甘さ(糖度)はその収穫時期の大いに関係します。さくらんぼをもがずに熟成させますと、糖度が増しとても甘くなります。したがって、収穫期の後半になるほど美味しくなります。

さくらんぼ食べ頃の時期

※品種毎のおおよその時期を示しています。同じ佐藤錦でも木によって個性があり、早生種のように時期が早いもの、また遅いものもあります。

品種ごとの特徴について

さくらんぼの実の大きさ(果重)、甘味、酸味、果肉の硬さ、特性について紹介します。

品種大きさ甘味酸味果汁果肉の硬さ食味備考
昌のよそおい希少(※)
みよしやや大極良希少
花駒希少
紅さやか糖度進むと紫赤色に着色
小夏希少
高砂着色良好
香夏錦希少
佐藤錦極良主力品種
金印佐藤錦極良選抜系佐藤錦・早生の佐藤錦
選抜佐藤錦極良優良選抜系佐藤錦
3L佐藤錦極良優良選抜系佐藤錦
紅秀峰日持ちが良い
絢のひとみ極良日持ちが良い
黒砂糖錦極良佐藤錦系
※ 備考欄「希少」とは、この地域ではあまり栽培されていない品種ということです。
サブコンテンツ
さくらんぼの美味しい食べ頃を紹介します

当園人気さくらんぼランキング

  • 佐藤錦

    佐藤錦が一番人気

    さくらんぼの中で最も有名な品種。果肉は多汁で甘味に富み食味極めて良く、品質はさくらんぼ中で最高の品種です。

  • 紅秀峰

    紅秀峰が二番人気

    実が大きく、果肉は硬めで、日持ちが良い。糖度20度位と高く、酸味少なく果汁が多く、甘味の強い濃厚な味わい。

  • 紅さやか

    紅さやか三番人気

    果肉の色ははじめ淡赤色であるが熟度が進むと紫赤色になる。糖度が高く酸味は少なめで食味は極めて良好。

  • みよし

    実は大きく、果肉の硬さは中くらいで果汁多く、甘味は「佐藤錦」と同程度で、酸味少なく、早生種の中では食味が極めて優れている。

  • 高砂

    果皮は鮮紅色の着色して美しく、果肉は軟く多汁で、甘味多く食味良好。


楽しいさくらんぼ狩りの仕方を紹介しています

さくらんぼ狩りの一コマ
さくらんぼ狩り山梨 清樹園

福島さんと友達

ディズニーランドの皆さん

入江さん家族です

さくらんぼ狩りの風景

さくらんぼ狩りに毎年のように来てくださるお客様。皆様がさくらんぼをお腹いっぱい食べて、楽しい時間を過ごしていただくことが、私どもの一番の喜びです。

このページの先頭へ