さくらんぼ狩り山梨 清樹園 さくらんぼ画像

美味しいさくらんぼ作り。
すべてのお客様にご満足いただくために。

大いにさくらんぼ狩りを楽しむための仕方や方法、注意すべき点などのご案内

さくらんぼ狩りの一番のだいご味は何といっても、直接もいで採りたての新鮮なさくらんぼが食べられると言うことでしょう。お腹いっぱい食べていただき楽しい時間を過ごしていただきたいと思います。

さくらんぼ狩り大いに楽しむためのコツ

さくらんぼ狩りを行う上で、幾つか知っておいた方がいいことがあります。以下にご紹介いたします。特にさくらんぼ狩りは初めていうお客様は是非読んでいただきたいと思います。

美味しいさくらんぼの見分け方

同じ木でもなっているさくらんぼでもその位置によって、味がちがいます。
太陽のよく当たる枝の実の方が熟しています。実全体が赤く、色が濃く艶やかに輝くもの、また軸が青くしっかりしたものを選びましょう!
木の高い方が日当たりがいいので、早く熟します。脚立などを使って食べるといいでしょう!

いろいろな木のさくらんぼを食べ比べましょう

木の樹齢や育成状況、日当たりなどにより同じ品種の佐藤錦でも味に違いがあります。

どのくらいの量を食べられるか?多く食べるための秘訣

佐藤錦は甘いので、酸味のある高砂などを交互に食べるようにすることで、たくさん食べることができると思います。

さくらんぼのもぎ方のコツ

さくらんぼのもぎ方は、さくらんぼの軸ごと上に持ち上げながら取ることです。そうすることで簡単に摘み取ることができます。

服装について

さくらんぼ狩りには動きやすい服装とスニーカーなどがいいと思います。

木の上の方に脚立で上がって実を採ったりしますので、多少汚れてもOKな服装でさくらんぼ狩りを思いっきり楽しみましょう!

時期が6月とはいえ、暑い日もありますので、天気によっては汗拭きタオルや着替えも用意した方が良いと思います。

三脚(脚立)の安全な使い方について

さくらんぼ狩りをするうえで、三脚(脚立)を使うこともあると思います。当園では、低い三脚をご用意しております。

お客様は、普段三脚を使うこともないと思いますので、使用にあたっては安全に使っていただきたいと思います。そこで、いくつか注意点を書きます。

  • 三脚は、天板が地面と水平になるよう接地する。天板が傾いた状態では、転倒の恐れがあります。
  • 三脚の足はいっぱいに広げること。(紐がついているので、紐いっぱいまで広げる)
  • 三脚の天板の上には乗らない。バランスをくずして、転倒や転落の危険があります。
  • 三脚から身体を乗り出さない。身体を乗り出すとバランスをくずして、転倒や転落の恐れがあります。
  • 三脚を背にして昇り降りしない。身体が不安定になり、転倒や転落の恐れがあります。
サブコンテンツ

このページの先頭へ