さくらんぼ狩り山梨 清樹園 さくらんぼ画像

美味しいさくらんぼ作り。
すべてのお客様にご満足いただくために。

清樹園で栽培しているさくらんぼの品種についてのご紹介

清樹園では育成中のものまで含めて、早生種、中生種及び晩生種、合わせて14種類ほどのさくらんぼを栽培しています。
品種としては、佐藤錦系が最も多く栽培品種の7割ぐらいになります。それぞれの品種について特徴などを紹介します。
※なお、早生種は時期が早く、また晩生種は時期が遅い品種です。品種により木の本数に多寡があります。

早生種

品種 品種名 説明
さくらんぼの写真 昌のよそおいという品種です 昌のよそおい 「高砂」の自然交雑種。果重は5~7g位で、鮮紅色の着色する。果肉の硬さは中位、甘味はやや多く酸味は中位で果汁が多く、極早生としては食味が良好。
さくらんぼの写真 みよしという品種です みよし 佐藤錦」×「高砂」を交配種。果重は7g位、鮮紅色の着色して美しく、着色の濃さは中位。果肉の硬さは中位で果汁多く、甘味に富み「佐藤錦」と同程度で、酸味少なく、品質極上。
さくらんぼの写真 花駒という品種です 花駒 佐藤錦の自然交雑種。果形は短心臓形で果実は大きく、7~8g位。濃紅色に着色。肉質は佐藤錦よりやや軟らかいが果汁多く、糖度高く酸味も有り濃厚な食味。
さくらんぼの写真 紅さやかという品種です 紅さやか 「佐藤錦」×「セネカ」の交配種。果実は5~7gで、早生のなかでは大玉。果肉の色ははじめ淡赤色であるが熟度が進むと紫赤色になる。糖度は17度前後で酸味は佐藤錦と比べやや多いが食味は良好。
さくらんぼの写真 小夏という品種です 小夏 「セネカ」×「佐藤錦」の交配種。果実は6~7gで早生種のなかでは大玉。果実全体が鮮やかな紅色に着色。熟度が進むと紫赤色に変化。肉質は硬く、糖度高く酸味もあり食味は良好。
さくらんぼの写真 高砂という品種です 高砂 原産地は米国。果重は6g位の中玉、果形は短心臓形、果皮は鮮紅色の着色して美しい。果肉は軟く多汁で、甘味多く食味良好。
さくらんぼの写真 香夏錦という品種です 香夏錦 「佐藤錦」×「高砂」を交配種。果重は6~7g位。果皮は黄色地に鮮紅色の着色。果肉は軟らかく緻密で果汁多く、甘味多く微酸で早生種としては食味良好。

中生種

品種 品種名 説明
さくらんぼの写真 佐藤錦という品種です 佐藤錦 「ナポレオン」×「黄玉」を交配種。果重は7~8g位。果皮は黄色地に鮮紅色の着色し、外観が優れ、果肉は多汁で甘味に富み食味極めて良い。サクランボ品種中で最高品種。
さくらんぼの写真 選抜佐藤錦という品種です 選抜佐藤錦 佐藤錦の中での選抜系。ルビーの如く外観が優れる。果肉は多汁で甘味に富み食味極めて良好。品質は佐藤錦の中でも最高品種のひとつ。
さくらんぼの写真 金印佐藤錦という品種です 金印佐藤錦 佐藤錦より選抜した優良系統。果実は大きくL~2Lクラス。早生系の佐藤錦。着色良く、糖度高く食味も佐藤錦と同じ。果肉のしまりは、佐藤錦と同じ。
さくらんぼの写真 3L佐藤錦<という品種です 3L佐藤錦 果実が非常に大きく2L~3L。着色よく糖度高く肉質良く、食味も佐藤錦と同じ。本種は生まれながらに超大玉の佐藤錦。

晩生種

品種 品種名 説明
さくらんぼの写真 紅秀峰という品種です 紅秀峰 佐藤錦」×「天香錦」を交配種。果重は9~10g位の大果で、果形は扁円形。鮮やかな紅色に着色して外観美しい。果肉は硬く締まり軟化しにくく、日持ち良好。糖度20度位と高く、酸味少なく果汁が多く、甘味の強い濃厚な味で優れている。
さくらんぼの写真 絢のひとみという品種です 絢のひとみ 「佐藤錦」×「ナポレオン」を交配種。果重は8~9g位の大果、果皮は黄色地に鮮紅色の着色して美しい。果肉は「佐藤錦」より硬く多汁で、甘味が強く酸味少なく、「佐藤錦」に匹敵する高品質で、食味が極めて良好。<
さくらんぼの写真 黒砂糖錦という品種です 黒砂糖錦 佐藤錦の枝変わりとして発見された品種。大きさ、果形は佐藤錦と同じ。全面に濃赤色に着色する。果肉は佐藤錦よりやや硬く、佐藤錦より糖度が高く、黒砂糖のような甘さで独特の風味がある。

なお、その他にも、晩生種として「紅てまり」、「南陽」という品種を育成中です。

出典:㈱福島天香園・㈱イシドウより


サブコンテンツ

このページの先頭へ